フランス・パリの「9Confidentiel」
上質で洗練された豪華さ

Scroll on
繊細かつ洗練された1920年代の詩をイメージしつつ、ネオクラシシズムとウルトラモダンの風合いも備えた、「9Confidentiel」ホテルのインテリアデザイン。
モダンなパリのマレ地区、その静かな小路に時が止まったかのようなホテルが佇んでいます。フィリップ・スタルクが総合デザインを担ったホテル「9Confidentiel」は、明るい色味の木、艶消しのステンレス、赤みのある真鍮、ロートアイアン、鮮やかなフレスコ画が混然一体となった、パステルカラーの空間です。インテリアデザインは繊細かつ洗練された1920年代の詩をイメージしつつ、ネオクラシシズムとウルトラモダンの風合いに、シュールレアリズムのアクセントを加えています。夢の中に迷い込んだようなゲストが身を沈めるのは、ラグジュアリーなバスルームのバスタブ。そこで待っているのは、アクサースタルクとアクサーチッテリオの優雅な世界です。
9Confidentiel - 全面ガラス張りの壁面と天然石の床、大理石の洗面台は、ブラッシュブラス仕上げのアクサースタルク水栓にとって最高の舞台。

アクサースタルク - ブラッシュブラスの美しさ

いずれのアクサーコレクションもブラッシュ加工を施した真鍮の特別仕上げを採用し、切子ガラスを前面に使用したバスルームでひときわ輝きを放っています。バスルームデザインに革命をもたらしたアクサースタルクコレクションの水栓は、登場から25年以上を経た今でも全く古さを感じさせません。柔らかさとシャープさを絶妙にミックスさせたアクサーチッテリオ E は、ホテルの姿と同様に、相反するものが生み出す美を表現しています。両コレクションとも、「ホテルではなく白昼夢の中にいるような場所」というフィリップ・スタルクのビジョンにぴったりです。

「9Confidentiel」は、明るい色味の木、ブラッシュステンレス、赤みの真鍮、ロートアイアン、鮮やかなフレスコ画が混然一体となった、パステルカラーの空間

多彩な要素が絡み合う、時間を超越した空間

9Confidentielは、自分だけの宝石箱、宝箱のような場所として作られました。インテリアデザインのテーマとなっている詩情は、ホテルのバー「Le Confidence Bar」で有名バーテンダーのニコ・デ・ソトが考案した9つのカクテルや、一流パティシエのヤン・クヴラーによる幻想的な傑作でも表現されています。まるで素晴らしい夢のように、新しくて懐かしい。インスピレーションの彩りが織りなす一度きりの瞬間を、全身で味わわせてくれるホテルです。

販売代理店

お近くのショールーム