La Rosina
Venezia, Italy

Scroll on
中世の面影を残すマロスティカの街の空撮画像
“おもてなしの気持ちを表すために、バスルームはアクサーを選びました。”
リカルド・ルナルドン – RAL \(Radical Architecture Lectures\)

LA ROSINA (イタリア・ヴェネツィア)

設計:リカルド・ルナルドン
コレクション:アクサースタルク、アクサーシャワー
仕上げ:クロム

イタリア北東部に位置するマロスティカは、この地方で最も中世の面影を最も色濃く残す、山麓の街です。この街にある「La Rosina」は、温かいおもてなしとのどかな空気、そして素晴らしい料理で訪れるゲストを感動させています。数百年の歴史を持つこの屋敷からは、高台に聳えるマロスティカ城と植物が青々と茂るサンフロリアーノの谷が一望できます。今やこの屋敷も、素晴らしいマロスティカの景観の一部なのです。イタリア系ブラジル人の建築家、リカルド・ルナルドンは、このホテルが持つ昔ながらの良さを残しつつ、現代にマッチした空間づくりを目指しました。モダンなバスルームを演出するために、彼が選んだのはアクサーコレクションです。
ルナルドンの手によるリノベーションにより、温もりを感じるおもてなしとヴェネツィアの郷土料理を求めて大勢のゲストがこのホテルを訪れます。山並みの景色が額装された絵のように収まる、大きな両開きの扉。戸外まで視線が遮られることのない、開放的なプライベートテラス。そして最後の「tocco finale」(仕上げ) は、バスルームを彩るアクサーです。
​​​​​​​*国内未取扱い品を含みます
販売代理店

お近くのショールーム